BLOGブログ

プロフィール

はじめまして。F.C.L代表のフタミシュンスケです。

僕がなぜF.C.Lを立ち上げるに至ったか、その経緯や思いをご紹介したいと思います。

怪我と新たな夢

まずは僕の人生を語るうえで切っても切れない関係にあるのが、サッカーです。
3歳からプレーをはじめ、高校を卒業後は関西学生リーグ1部の大学へ入学しました。しかし古傷の右膝を痛めたことをきっかけに、退部。ついには大学を退学するまでに至りました。
右膝の故障という挫折と後悔を胸に、その後は理学療法士としての道を目指すべく、医療大学へ入学。免許を取得したあとは地域の総合病院に就職し、理学療法士として約7年間勤務しました。

パーソナルトレーニングを
極めるために

「身体の使い方をもっと研究したい」そんな思いのもと、病院に勤務していた7年の間、理学療法士として延べ3000人以上の患者さんを観察。5000時間以上もの時間を治療にあて、技術と観察眼を磨きました。その間、休日限定でサッカーチームのトレーナー兼選手を務め、選手のケアサポートを通して独自に「身体の使い方」に対する研究を続けていました。
また、積極的に研修や勉強会で知識を深め、国際的なリハビリ技術の資格であるIPNFA Level3も取得するなどパーソナルトレーニングの土台を固めていきました。

メンタルトレーニングとの
出会い

パーソナルトレーニングの研究を重ねるなかで、最高のパフォーマンス発揮のためには、メンタルをコントロールする重要性に気付くようになりました。
僕自身、サッカーを始めた幼少期から、大きな試合や大会で、緊張や不安によって思うようにパフォーマンスが発揮できないと悩む選手のひとりでした。身体が十分に動いても、ネガティブな感情を克服できなくては満足なパフォーマンスをすることはできない──そんなときに出会ったのが、メンタルトレーナー石津貴代氏が提案するON+OFFメンタルトレーニングです。

不安や緊張といったネガティブな感情を払拭し、自信や行動力といったプラスの感情を纏う。この感情のコントロールこそが、最高のパフォーマンス発揮に欠かせないメンタルコントロール、いわば心の筋トレなのです。
石津氏に師事しON+OFFメンタルトレーニング協会®︎認定トレーナーの資格も取得したことで、僕のパーソナルトレーニングにメンタルトレーニングという新たな側面が加わりました。

F.C.Lとして

心身の強化を図るオリジナルのトレーニングメニューを編み出せるようになった僕は、2020年に理学療法士として勤務していた病院を退職し、F.C.Lを立ち上げることとなりました。怪我で挫折を経験し、それをバネにたくさんの経験と知識を積んできた僕だからこそ、提案できることがあります。眠ったままの可能性を信じて引き出すことで、理想に近づくお手伝いをしたい。
それがF.C.Lの思いです。

SHARE!

BLOG TOP